スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


加藤被告逮捕の警察官「女性の背中にナイフが当たった」 秋葉原殺傷(産経新聞)

【秋葉原17人殺傷 第9回】(4)

 《約2時間の休廷が終わり午後1時半、加藤智大(ともひろ)被告(27)が向かって左手の扉から入廷してきた。ドアが開くと午前中と同様、傍聴席に向かって一礼した。静かに弁護人の前の長いすに座った加藤被告を見届けると、村山浩昭裁判長が開廷を告げた》

 裁判長「それでは午後の審理を始めます」

 《向かって左手から短髪でスーツ姿の中年男性が入廷。偽証しないことを誓う宣誓書を大きな声で読み上げた。検察官が尋問を始める》

 検察官「証人は警察官ですね」

 証人「はい」

 《警察官らしく顔は上向き加減で背筋をピンと伸ばし、快活な受け答えだ》

 《証人は平成元年4月に警視庁警察官を拝命。以降、城東警察署や機動隊での勤務を経て、20年5月21日に万世橋警察署地域課地域第4係に配属。その後、同年9月16日に警務課留置係勤務となり、現在に至るという》

 検察官「巡査部長にあたるわけですね」

 証人「はい」

 検察官「証人は20年6月8日当時、万世橋警察署地域課地域第4係に勤務し、事件当日は秋葉原交番に勤務していたのですね」

 証人「はい」

 検察官「証人は左側の被告のことを知っていますか」

 証人「はい」

 《証人は加藤被告の方を振り向かず、前を向いたまま答えた。一方の加藤被告はテーブルの上に開いたノートに目を落としたままだ》

 検察官「証人は6月8日午後0時半過ぎ、被告人が起こした事件の状況を目撃していますか」

 証人「…もう一度お願いします」

 検察官「証人は6月8日午後0時半過ぎ、被告が起こした事件の状況の一部を目撃していますか」

 証人「はい」

 検察官「証人自身も被告から攻撃を受けていますか」

 証人「はい」

 検察官「証人はその後、被告人を現行犯逮捕していますか」

 証人「はい」

 検察官「6月8日当日は午前9時ごろから秋葉原交番で勤務していましたか」

 証人「はい」

 検察官「服装はどのようなものですか」

 証人「夏服で制帽、長袖シャツ、その上に耐刃防護衣を身に付けていました」

 《検察官は、ポリ袋に入った耐刃防護衣や、内側に入っている金属板、サイドプロテクターなどを次々と証人に示していく。最後に大型モニターに警察官の写真を示し、当日の服装を確認した。その後、事件当日の具体的な質問に入った》

 検察官「6月8日午後0時半ごろ、証人は具体的にどのような職務をしていたのですか」

 証人「秋葉原交番入り口付近で立番(りつばん)勤務をしていました」

 検察官「立番勤務とは、交番前に立って、警戒や地理案内をすることですね」

 証人「はい」

 検察官「証人のほかに誰かいましたか」

 証人「交番相談員のナカガワさんがいました」

 検察官「何か異変があったのですか」

 証人「外神田3丁目方向からガシャンと大きな音がしました」

 《ここから検察官は大型モニターに現場の見取り図を映し出し、証人に赤ペンで位置などを記入してもらいながら質問していく》

 検察官「何が起きたと思いましたか」

 証人「交通事故が発生したと思いました」

 検察官「何か見えましたか」

 証人「右斜め前方から白いトラックが止まるのが見えました」

 検察官「トラックはどのような状況でしたか」

 証人「フロントガラスがクモの巣状に割れたりしていました」

 検察官「トラックを見てどう思いましたか」

 証人「交通人身事故が起きたと思いました」

 検察官「証人は近くにいた交番相談員のナカガワさんに、トラックの運転手について何か言われましたか」

 証人「はい。『運転手が降りて外神田3丁目の方へ向かった』というようなことを言われました」

 検察官「トラックの状況とナカガワさんに言われたことを踏まえて、証人はどう思いましたか」

 証人「交通上のトラブルか、けんか等が起きるのではないかと思いました」

 検察官「証人はどういう行動を取りましたか」

 証人「外神田3丁目の方向を向いて走りました」

 検察官「走っているときに何か見ましたか」

 証人「3、4人が倒れていました」

 検察官「周囲にも人がいましたか」

 証人「救護している人がいました」

 検察官「服装で特徴があった人は?」

 証人「警察官です」

 検察官「その警察官は何をしていましたか」

 証人「しゃがんで救護していました」

 《ここで検察官が証人に視力を確認。左右とも裸眼で2・0という》

 検察官「警察官を見ながら走っていて、どういう状況を目撃しましたか」

 証人「白い服を着た男が警察官に近寄るのが見えました」

 《白い服の男は、実際にはベージュ色の上下を着ていた加藤被告である》

 検察官「白い服を着た男は走っていましたか」

 証人「はい」

 検察官「白い服の男はどういう行動に出ましたか」

 証人「右ひじを曲げて、警察官の背中にぶつかるように見えました」

 検察官「警察官はどういう体勢でしたか」

 証人「立とうとしたところでした」

 検察官「白い男の右手には何があったのですか」

 証人「よく見えませんでした」

 《証人は、引き続き、見取り図に位置関係を書き足していく。検察官は、画面を拡大した。ここで、加藤被告は、落としていた視線を上げ、大型モニターを数秒見つめた》

 検察官「その後、男はどのような行動を?」

 証人「付近の人や救護の人にぶつかっていくように見えました」

 検察官「男は走りながらぶつかっていったと?」

 証人「はい」

 検察官「男が走り去った後、救護していた人たちに何が起きましたか」

 証人「みんな、ひざから崩れるように路上に倒れました」

 《証人は、いったん立ち止まった際、男の右手にナイフようのものが握られていることに気づいたという》

 検察官「証人は男の行動などを見て、どう思いましたか」

 証人「ナイフによって刺されたと思いました」

 検察官「どうしようと思いましたか」

 証人「すぐに対応しないといけないと思いました」

 検察官「男の行動を止めようとしたのですね」

 証人「はい」

 検察官「証人はどのような行動に出たのですか」

 証人「中央通りを南下していきました」

 検察官「男を追いかけていったということですね」

 証人「はい」

 検察官「男を追いかけながら何か行動を取りましたか」

 証人「無線の緊急ボタンを押して、警棒を取り出しました」

 《加藤被告とみられる男はその後、周囲の人たちにナイフを突き出すような素振りをみせながら、逃げ遅れた女性被害者Kさんに近づいたという》

 検察官「証人は男を追いかけながら何か言いましたか」

 証人「はい。待て、やめろ、と言ったと思います」」

 検察官「男はどういう行動に出ましたか」

 証人「Kさんの背中の下の方にナイフを突き出すようなことをしました」

 検察官「ナイフはKさんの背中に当たったのですか」

 証人「当たりました」

 検察官「証人と男の距離はどのくらいでしたか」

 証人「3、4メートルです」

 検察官「証人はその際、どう思いましたか」

 証人「Kさんに対する殺人未遂で現行犯逮捕できると思いました」

 検察官「男はその後、どのような行動を取りましたか」

 証人「南下していって、人垣で(その先に)行けなくなりました」

 検察官「男は証人に対して向き直したのですか」

 証人「はい」

 =(5)へ続く

【関連記事】
(1〜)「突き上げるように次々パンチ」…目撃男性が証言 秋葉原殺傷第9回公判ライブ
秋葉原無差別殺傷 きょう第9回公判 被告取り押さえた警察官が証言
選択したのは自分自身 昨今の派遣の報道は不思議です。
夫婦で万引き容疑で逮捕 夫は「秋葉原で買った」と否認
AKB48「神曲たち」は、新しくて懐かしい王道アイドルソング

アムールトラ 障害抱える「ココア」満2歳の誕生会 釧路(毎日新聞)
母親を起訴猶予処分=同居男が男児暴行―津地検(時事通信)
虐待はどんな傷を残すのか(4)児童養護施設の夜(産経新聞)
医師、投与認める供述=不同意堕胎事件―警視庁(時事通信)
未感染でも強制殺処分可能に、口蹄疫特措法成立へ(読売新聞)

大阪・高槻の遺棄女性 新生活3カ月で暗転 知人ら「住み続けていたら」(産経新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防で、宇野津由子さん(36)の遺体が見つかった殺人死体遺棄事件。宇野さんは大阪府豊能町に移り住むまでの約1年間、大阪府松原市の雇用促進住宅で暮らしながら職を探し続け、今年1月に“念願”だった転出を果たしていた。再スタートを切った人生は、わずか3カ月で暗転した。「あのままここに住み続けていてくれたら…」。宇野さんの知人は言葉を失った。

 「派遣切り」が社会問題化していた昨年1月、当時「谷岡」姓だった宇野さんは、愛知県岡崎市からわずかな荷物を手に、雇用促進住宅に入居した。真冬だったが毛布さえも持っていない宇野さんに、住民たちは生活する上で最低限の物資を譲りあったという。

 家族の話をすることはなく、以前の仕事など身の上について多くを語ることはない。服装も質素で、アクセサリーもつけていなかった。住民から販売業のアルバイトを紹介されたこともあったが、「接客は向かないから」と申し訳なさそうに話し、住民たちとの交流もほとんどなかった。

 宇野さんは派遣切りにあったという同じ境遇の2人の女性と同居していた。

 当初は別々の部屋に暮らしていたが、親交を深め、互いの家財を持ち寄り、2Kの小さな部屋で一緒に暮らした。食事はいつも3人一緒。年長だった宇野さんは、女性の1人を「ちびさん」と呼んでかわいがったという。

 生活に変化が訪れたのは昨年末から今年1月。同居人の2人が相次いで実家に帰り、孤独になった。住民の一人は「3人でいたころより、表情が暗くなった」と振り返る。部屋で一人、パソコンに没頭して過ごす日々が続いた。

 このころから、宇野さんは生活に窮する。住民の男性に「生活に困っている。生活保護を申請したい」と相談し1人で市役所を訪れている。しかし、失業保険をもらっており、受給できなかったという。

 1月20日、1台の車が住宅にやってきた。乗っていた男女2人は住民に「(宇野さんに)うちに住み込みで、内装の仕事をしてもらいます」と説明。宇野さんは「いろいろお世話になりました。ありがとうございました」と丁寧にあいさつしたという。

 この2人は豊能町に住む夫婦とみられ、宇野さんは2月、この夫婦と養子縁組した。だが、4月末になって、高槻市の淀川堤防で変わり果てた姿で見つかることになった。

 住民の男性(68)は「ここにおってくれたら、事件に巻き込まれなかったのに」と振り返る。孤独と生活苦から解放された時間は、わずかだった。

【関連記事】
高槻女性遺棄事件 養父母ら3人を近く本格聴取
2年前も保険金かけ不審死 ネット縁組は今年2月
ネットで知り合い養子縁組後に生命保険数千万円分 大阪・淀川ポリ袋遺体
淀川堤防ポリ袋遺体、36歳女性は化粧なし
淀川堤防ポリ袋遺体、大阪・豊能の36歳女性と判明
少子化を止めろ!

<自民党>参院選比例代表に三原じゅん子さん擁立(毎日新聞)
専門家と一般消費者つなぐマッチングサイト人気(産経新聞)
「前をよく見ていなかった」 ミニパトがタクシーに追突 東京・赤坂(産経新聞)
首相、小沢氏政倫審公開「本人の意向踏まえて」(産経新聞)
色とりどりのバラ見ごろ、港の見える丘公園(産経新聞)

5月末決着、先送り要求=普天間「方向性提示でいい」−社民の福島党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は6日、党本部で開かれたブロック事務局長会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月末にこだわらず、真の解決をしてほしいというのが多くの沖縄県民の声だ」と述べ、鳩山由紀夫首相が掲げた5月末の決着期限にこだわるべきではないとの考えを改めて示した。
 福島氏は「5月末には(移設先選定までの)ロードマップ、方向性を示す(ことができればいい)」と指摘した。重野安正幹事長も記者会見で「何が何でも5月末までにというこだわりを持つべきでない」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
雑記帳 銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)
介護住宅で2億4千万円被害 詐欺容疑で本格捜査へ 神奈川県警 (産経新聞)
揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)
<毎日新聞社>1都3県で「MAINICHI RT」創刊へ(毎日新聞)

【高速道路新料金】小沢さんはないものねだりか(レスポンス)

民主党の要望どおりやったではないか---。高速道路の新料金制度案で揺さぶり続ける小沢氏に、まるで前原国交相はそう言いたげな様子だった。

[関連写真]

前原国交相は23日の閣議後会見で、昨年末に民主党が発表した政府への「平成22年度予算重点要点」を再配布。9日に自らが発表した新料金案のパネルを持ち出し、記者団の質問に備えた。

民主党の重点要点には「高速道路会社による高速道路整備を推進するため、利便増進事業を抜本的に見直す」という一文があった。前原氏は、高速道路新料金が現在の案でまとまった主な要因は、すべてこの民主党の要求にあるのだと話す。

「利便増進事業は、今まで割引と高速道路のスマートインターチェンジ(=スマートIC)だけに使われてきましたので、当然、それを高速道路の建設に充てるということになると割引の財源は減る、ということになります」(前原氏)。スマートICとはETC車載器を取り付けた車両だけが通行できる小規模ICのことだ。

利便増進事業は麻生政権が主に土日祝日1000円の上限割引のために用意した財源枠だ。10年間で3兆円が用意された。すでに約5000億円が使われた。

麻生政権では、残り約2兆5000億円のうち約2兆3000億円を割引に投入。スマートICに使われる予算は約3000億円だけだった。

しかし、鳩山政権では民主党の「重点要点」に配慮し、割引には約1兆2000億円しか使わず、高速道路建設に料金割引を上回る1兆4000億円を投入する前原案を策定することになった。

小沢氏は民主党の幹事長である。その民主党の要望に配慮した結果が小沢氏の新料金案の否定なのかという怒りが「要望されておきながら、料金が上がっていかんというのは二律背反のことをおっしゃっている」という前原氏の発言ににじみ出ている。

さらに、前原氏は小沢氏の「高速道路新料金案が国土交通省の役人の思い通りに決められている」というたびたびの発言にも反発している。

「お話をされるときは、調べてお話になったほうがいい。政務三役で決めて、国交省に指示をした。事実無根。(役人の思い通りというのは)当たらない」と、小沢氏の批判を切り捨てた。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金】前原国交相反論「方針通り進める」
国幹会議は廃止へ…前原国交相、高速道整備へ選定基準も
高速道路 新料金 特別編集
国土交通省 特別編集
民主党 特別編集

携帯ポケットにコタツ→やけど、男性が逆転勝訴(読売新聞)
普天間移設で首相「必ず五月晴れにしないと」(読売新聞)
柏の焼き鳥マップ発売へ アンケートで23店選出(産経新聞)
ネット選挙、参院選解禁目指す=与野党(時事通信)
<ボルネオ>「恋のヤリ」突き刺すナメクジなど発見…WWF(毎日新聞)

首相動静(4月19日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

「日米同盟3年持たぬ」 正論大賞・佐瀬昌盛氏が講演(産経新聞)
保険証詐取の元組員ら再逮捕 振り込め詐欺に悪用か (産経新聞)
<400系つばさ>初代ミニ新幹線車両がラストラン(毎日新聞)
<凍結卵巣>移植治療を国内で初めて開始 順天堂大(毎日新聞)
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権(産経新聞)

より戻したくてニセ救出劇!ヒーローと強盗演じた男子大学生逮捕(スポーツ報知)

 交際していた女性から別れ話を切り出され、よりを戻すため、友人に強盗役を依頼、自作自演の救出劇をでっち上げた大学生2人が捕まった。大阪府警枚方署は15日、住居侵入と暴行の疑いで関西外大4年で大阪府枚方市の坪倉篤志(21)、関西大4年で同吹田市の足達康宏(21)の両容疑者を逮捕。男2人は幼なじみ。強盗役の足達容疑者が女性の口をふさぐ現場に、坪倉容疑者が救出役で駆け付けて助けるという、陳腐なシナリオだった。

 まるで吉本新喜劇のような恋愛ストーリー。お笑いの世界と現実を混同した大学生があっけなく捕まった。枚方署によると、足達容疑者の逮捕容疑は、14日午後10時ごろ、カードローン会社を装って枚方市内のマンションの女性(21)宅に侵入し、「金を出せ」と口をふさぐなどの暴行を加えた疑い。足達容疑者に強盗役を頼んだ坪倉容疑者は、同容疑の共犯として逮捕された。

 犯行当時、計画通りに女性と携帯電話で通話中だった坪倉容疑者が現場に駆け付けると、足達容疑者が逃走。坪倉容疑者が追い掛けるふりをし、「見失った」と、戻った部屋で女性をなぐさめた。しかし、110番通報で駆け付けた署員が事情を聞くと、坪倉容疑者の話に矛盾点が多かったため、さらに捜査を進め、事件直後に付近の防犯ビデオに両容疑者が一緒に映っていたことが判明。その点を追及すると、2人がでっち上げを認めた。

 調べに対し、坪倉容疑者は「彼女の心を引き留めたかった」とし、足達容疑者は「幼なじみの頼みとはいえ、とんでもないことをした」と反省しているという。もし、でっち上げが判明しなければ、足達容疑者は強盗未遂容疑で刑法上は懲役5年以上の重罪。幼なじみに冤罪(えんざい)をかぶせる可能性に全く考えが及んでいない坪倉容疑者のあまりに短絡的すぎる思いつきだった。

 強盗役の足達容疑者は、関西大で体育会のレスリング部に所属。高校時代は全国大会上位の実績もある。鍛え抜かれた屈強な体が、坪倉容疑者の目に留まったようだ。足達容疑者が在籍する関西大は「事件に大変驚いている。被害に遭われた方および、関係各位におわび申し上げたい」としている。レスリング部はこの日、活動を自粛。緊急ミーティングを行い、指導者が約20人の部員に改めて指導を徹底した。

 一方、坪倉容疑者が在籍する関西外大は「このようなことが起きて大変遺憾だが、あくまで個人の問題としてとらえている」とコメント。両大学とも、処分については「今後、学内で検討する」としている。



 【関連記事】
小籔千豊、新番組で父と共演「末代までの恥」
オール巨人の長女・南出一葉が結婚
長野の高校で吉本が50円公演
松ちゃんに続くぞ!今田耕司結婚宣言…祝福で開幕!新喜劇50周年ツアー
でっち上げ 大阪府警 住居侵入 を調べる

<火山噴火>関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
富士通役員らを提訴…投資会社、名誉棄損で(読売新聞)
子宮頸がんワクチン 国の費用負担求める声(産経新聞)
普天間5月決着「絶望的」 ささやかれ始めた鳩山首相の「次」(J-CASTニュース)
民主・鹿児島県連、徳之島移転案の撤回要求(読売新聞)

「介護サービスの体制整備を」43%、5年で約10ポイント増―内閣府調査(医療介護CBニュース)

 内閣府はこのほど、「高齢者の日常生活に関する意識調査」の結果を発表した。それによると、介護サービスが必要な時に利用できる体制の整備を望む高齢者は全体の43.2%で、5年前の前回調査の33.8%から9.4ポイント増加した。

 介護サービスの体制整備は、社会全体が重点を置くべき対策として、「老後を安心して生活できるような収入の保障」(55.3%)に次いで多かった。

 また、将来の日常生活全般に不安を感じている高齢者は、10年前と比べて8.3ポイント増、5年前と比べて4.0ポイント増の71.9%だった。

 調査は高齢者の日常生活全般の実態を把握することを目的に、昨年10月22日から11月8日にかけて実施。対象は全国の60歳以上の男女5000人で、3501人から有効回答を得た。


【関連記事】
「介護保険の公費60%に」―市民団体が厚労相に要望書
介護サービスの選定支援制度、調査機関に全国初の行政処分―静岡県
認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都
男は「妻」、女は「プロ」に介護されたい─ヒューマが意識調査
顧客満足度、介護サービスが29業界中3位

善意があだに ラーメン店主が落とし物届ける間に店が全焼(スポーツ報知)
与謝野新党「週明けにも決めたい」…藤井元運輸相(読売新聞)
「たま駅長」観光バス完成=側面や車内も、24日デビュー−和歌山(時事通信)
鳥取市長選に現新2氏(産経新聞)
<後半国会>本格化 民主、目玉法案審議入り(毎日新聞)

納豆ネバネバに効果あり、池の濁りスッキリ(読売新聞)

 納豆のネバネバ成分を利用した水質浄化剤を使って、濁った池をきれいにする実証実験が3日、大阪市内で行われた。緑褐色のアオコなどに覆われていた池が、約6時間後には底まで透き通った。

 短時間で効果が表れ、生態系への負荷も少ない水質浄化法として注目されそうだ。

 水面から15センチ下までしか見えなかった杭全(くまた)神社(平野区)の池で、浄化剤4キロを水に溶かしてホースでまくと、濁りが凝集し始め、2〜3時間後には塊が水面に浮かんだ。流出油の拡散を防ぐのに使われるフェンスを使って塊を除去すると約1メートル下の池の底が見え、小魚やエビの姿も確認できた。

 浄化剤は、納豆の糸に含まれるポリグルタミン酸が主成分の粉末で、濁りの原因物質を効率よくからめ取り、魚などには害を与えない。水処理剤メーカーの日本ポリグル(大阪市)が2002年に実用化した。

  

警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず−「被疑者不詳」書類送検へ・警視庁(時事通信)
金沢の山中遺体、20〜30歳代の女性(読売新聞)
名物デザイン「滝と紅葉」のナンバープレート(産経新聞)
全盲女性、点字訴状で提訴=全国初か「みんなの励みに」−名古屋地裁(時事通信)
<上げ馬神事>馬が転倒、死ぬ 三重県文化財指定、視察中に(毎日新聞)

参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング−民主(時事通信)

 民主党は25日、参院選のマニフェスト(政権公約)策定に向けた企画委員会の第2回会合を党本部で開き、4月から全国各地でタウンミーティングを行い、公約づくりに国民の声を反映させていく方針を決めた。
 また、公約に盛り込む政策を議論するため設置する三つの研究会の担当分野や役員メンバーも決めた。来週中に各研究会の初会合を開く。
 新たに設置するのは、社会保障や教育政策を担当する「国民生活」、経済対策や公共事業担当の「成長・地域戦略」、地方分権や行政改革担当の「地域主権・規制改革」の3研究会。
 5月10日までに研究会が企画委に具体策を提案。これに基づき企画委が素案をまとめ、最終的には企画委の親会議に当たる「政権公約会議」で5月中に公約を決定する。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

死亡認定取消、海保に請求=北朝鮮で確認、失跡男性の兄−兵庫(時事通信)
在メキシコ大使館にハッカー侵入=個人情報2700人分流出か(時事通信)
認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都(医療介護CBニュース)
「177」情報更新10時間半なし…気象庁ミス(読売新聞)
石炭じん肺訴訟、国に賠償命令=消滅時効認めず−札幌地裁(時事通信)

北沢防衛相、25日から沖縄訪問(時事通信)

 北沢俊美防衛相は25日から26日にかけて、沖縄県を訪問する。26日に仲井真弘多知事と会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題をめぐって意見交換する。ただ、新たな移設先については、政府案が最終決定されていないことから、説明しない見通しだ。 

【関連ニュース】
「県外移設、頑張ります」=首相、社民党首に耳打ち
10年度予算が成立=過去最大92兆円
今後の主な政治日程
普天間の継続使用も=有事限定を想定
鳩山首相、移設案の月内策定約束=北沢防衛相から仲井真知事に伝えず

JR西歴代3社長起訴へ 井手氏、効率化を推進 南谷、垣内氏が継承(産経新聞)
片山右京さんが仕事を再開 遭難の「ご遺族からも理解をいただいた」(産経新聞)
河村市長「わしも協力」議会解散署名呼び掛け(読売新聞)
長官銃撃「教団内にうわさもなかった」…元オウム(読売新聞)
みんなの党、参院選で北口・明石市長に出馬打診(産経新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
ネイルサロン
カードでお金
クレジットカード現金化 比較
借金整理
情報商材レビュー
情報起業
主婦 お金
主婦 キャッシング
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM